2010年04月10日

4/4Gv L5砦戦役を動画から語る

というわけで、こんにちは。


何してるかよく分からないと言われそうな星の人@sesです。

何かと便利なSesGv情報βでピックアップされてた動画なんですが、

http://zoome.jp/ses_yukkuri/diary/135

武将の方のようで、RESISTANCEへ傭兵参加していたとのこと。

【L5砦】
攻勢:極楽ET連|防勢:RESISTANCE

兵力的には極楽ET連がちょっと多いくらいです。
動画はタイムシフト13:30〜になりますね。

RESはWP防衛から5分程度で高台イナバ防衛に移行します。


と言う感じで、いろいろ書いて思うことをみますよ。


まず、全体を一通り見てみるとこの戦役はすごく意外な結果で終わってるんですね。どうって、最後ブレイクしたのは極楽ET連でもなく、途中から参戦してきたパンダ連でもないと言うところです。

どうなるかなんて、分からないものですね!っていう代表例です。

分:秒 
14:20 極楽ET連が第2クランク付近でEmC
14:36 高台にてRESがEmC

ここから高台イナバ防衛の攻防戦が始まります。

注目すべきところは、両勢力のEmC回数でしょうか。

見ている範囲ではありますが、極楽ET連(2G体制)が1回EmCする間に
RESの方は3回しているところをみると、ここで兵力差を埋めていますね。

分:秒
16:20 RESEmC
17:46 RESEmC
19:00 千紫万紅がノピEmCを試みるも失敗
19:36 RESEmC
20:25 極楽ET連が第2クランク付近でEmC

とまぁ、こんな感じです。千紫万紅のマスターユニットはソウルリンカー
のようで、RESもソウルリンカーを導入していることからも、単純比較の
EmC性能は同じと見ていいでしょう。

そういう点から人数差を埋めてかつ防衛を維持していることが分かりますね。しばらく、戦況の動かない状態が続きます。

あともう1点。
攻めにおけるEmC回数の重要性は回転を上げて断続的な突入をするためだけではなく、戦力を同じ方向へ維持し続けるためにも重要になります。

今回のように何度か第2クランク付近でEmCをして進攻しているんですが、
どうしても交戦ラインが遠いために隊列も縦に伸びやすく、各個撃破
されやすくなってしまいます。

なので動画だけを見るのであれば、第3クランクで集結して攻め始める
EmCユニットはリチャージしてまだ交戦ラインに自軍がいる間に第4クランクにてEmCをするなど、部隊の移動をした方が相手へのプレッシャーともなり、敵EmC回数を減らす1つの手にもなると思います。

この攻めの方向(戦力としてのベクトル)を同じ方向に向けるのは、大変難しいのですが、EmCというスキルがそれを強制的にやってくれるので、
Gvでの戦闘をやりやすくなっていますね。
これに長けてる勢力はIntegrationやDullness Spiritsで、今まで大きな戦果を残していると思います。

話し戻ります。

そんなわけで、極楽ET連は思うように決め手が無く、攻めあぐねている印象を受けます。

開戦してから9分後にパンダ連が参戦してきます。

分:秒 
22:32 パンダ連参戦
22:45 極楽ET連が第3クランク付近でEmC
24:54 RESEmC
25:54 パンダ連EmC
同時刻 極楽ET連が3末にてEmCをしたと見られる
26:47 RESEmC
28:17 RESEmC
29:19 RESEmC

パンダ連と極楽ET連が共闘を結んでいたのかどうかは謎ですが、
見ている感じでは、結んでいるような・・・気はするんですけどねぇ。

どうも、パンダ連も極楽ET連も同じ進入路からしか攻めないので、
攻撃がかち合う→どっちかが自重する→結局共闘の意味なしになってしまっているように見えます。

それだけじゃなくて、26:00前後から交戦ラインにはパンダ連がいる中で
WP付近からその範囲に極楽ET連によるSGか何か範囲魔法撃ってるせいで
小競り合い始まってますね。
共闘であるはずなのに、攻め同士でこういった小競り合いが生じてしまうのは、意思統一が甘いのと共闘戦略がぜんぜん決まってないからgdgdになってしまうのではないかと考えられます。

一時的に共闘枠で共闘にしてしまってもよかったんじゃないかと思ったりもするんですが・・・まぁ、そうもいかないか。

んで、28:20前後からGODIVAが参戦・・・というか停戦の使者?wが現れます。ここから戦況は大きく変わります。

30:00 GODIVAのめろん氏が高台に突入、ブレイクを開始

さすがと言えばさすがですね。

ただ、ここを見逃す手は無いぞって感じです。
たぶん、パンダ連にも極楽ET連にも見えていたとは思うんですよ。
誰だって、防衛しているえんぺに張り付かれているのを見たら視野が狭くなるもので、
第4クランクあたりでのEmCを試行するチャンスでもあります。願わくば高台EmCもありえるかもしれない。

なんですが!

この時、ほぼRES対めろんの構図になっているんですね。

普通ならnotさんがスーパー阿修羅で排除となるんですが、いないんです。

第3クランク付近へ遠征中のようで、EDPSBAXが1人いるのかな?
SG使わないところを見ると、LPでも張ってあるんだろうか?

30:32でnotさんが戻ってきますが・・・

ここで、めろん氏死亡と入れ替わりでGODIVAのAXがえんぺにタッチ。
AXもゴスのようで、阿修羅で落ちずに・・・

30:40でRESEmC

やっぱ、LPあったのかなぁ。SWも出てないようだし?まぁ、エフェクト切れているので謎です!

EmCが悪手になってGODIVAにエンペブレイクされてしまいます。

ここでL5戦役終了となります。

まー、仕方ないですね。最後のEmCは。テコン系のEmCは10秒と行動開始も考えると先読み20秒。20秒前からEmC始めないとやっぱ厳しい。

仮に、この状態でEmCは危ない&止めてAX排除優先!って教授さんが考えて「スペブ !!(MSの某教授さんみたく)」なんてのもありえる話ではありますが、傭兵参加だしそんなこと思ってもできないからやっぱり仕方ないんだよね。この話は結果論でもあります。

なので、反論は受け付けません><

評価すべきところは、極楽ET連やパンダ連の攻めをしっかりシャットアウトして防衛時間20分を達成したことですね、兵力差をものともせずに。

ん?そういえば・・・脱衣いないね。どこいった、ちゅなち!


って感じで・・・別の話。

RESISTANCEがSE域参戦のために、同盟加盟先を探しているようです。

対人板にもあったけど、SRD連か私的にはIYL連も可能性はありだよね。

あとあれだ、MADと再同盟も十分考えられる。
あそこもFEでのあいて探しにかなり苦労しているようだしね。

む・・・


FP&MAD&RESで新規同盟とかどうなのよ〜?

と、激しく勝手気ままに思う今日この頃です。

そんわけで、定期更新終わり!(ぜんぜん定期じゃないけどなwww
posted by 星の人@さみゅ(SamyuL) at 16:43| 新潟 ☁| Comment(0) | Gv戦略・戦術雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。